毛染めのお風呂や浴槽の落とし方

MENU

毛染めの浴室や浴槽に付いたら早めの除去を

利尻ヘアカラーシャンプー

利尻ヘアカラーシャンプー

毛染めや白髪染めをお風呂場でする人は多いです。

 

そこで悩みになるのが、毛染めの染料が浴室や浴槽に飛んでしまうことである。
飛んだ間もないころは色が出てこない場合があり、気付かないことが多いのです、

 

そして時間が経ってみると茶色のシミができてしまいます。

 

これが厄介なものでプロのハウスクリーニングの技術や薬品でも取れないことがあります。

 

それでも早い段階であれば一般家庭の洗剤で取れる場合がありますので試してください。

 

シミの部分に、塩素系漂白剤を塗布します。
代表的なものでカビキラーなどです。

 

そして5分ほど放置して、メラニンスポンジで軽くこすると取れる場合がありますので一度お試しください。

 

これで取れたらラッキーだと思ってください。

 

時間が経ってたり取れにくい成分や素材であれば無理な場合もあります。

 

今は汚さない白髪染めがあります。

 

利尻ヘアカラーシャンプーやヘアカラートリートメントは普通に洗い流していれば汚れません。

 

浴室を汚さずに白髪染めするなら利尻がおすすめです。

 

利尻ヘアカラーシャンプーの購入はこちらから

 

利尻,ヘアカラーシャンプー,浴室,浴槽,落とし方,除去

 

利尻,ヘアカラーシャンプー,浴室,浴槽,落とし方,除去

 

 

浴槽に付いた市販白髪染めの汚れを落とす

浴槽に付いた市販の白髪染めを落としてみる。

 

白髪染めの汚れは1週間以内のものです。

 

浴槽のふちに結構ついています。
利尻,ヘアカラーシャンプー,浴室,浴槽,落とし方,除去

 

市販の塩素系漂白剤を汚れにかけて5分くらい置きます。
利尻,ヘアカラーシャンプー,浴室,浴槽,落とし方,除去

 

手が荒れる場合がありますのでゴム手袋します。
利尻,ヘアカラーシャンプー,浴室,浴槽,落とし方,除去

 

5分ほどおいて水で洗い流します。
きれいに取れます。
利尻,ヘアカラーシャンプー,浴室,浴槽,落とし方,除去

 

ちょっと頑固で取れない時は、市販のメラミンスポンジで軽くこすります。
(研磨剤が入っているのでこすりすぎに注意)
利尻,ヘアカラーシャンプー,浴室,浴槽,落とし方,除去

 

きれいになりました
利尻,ヘアカラーシャンプー,浴室,浴槽,落とし方,除去

 

 

これは一例でありますので、白髪染めの種類や浴槽や浴室の素材の違いにより取れない場合があります。

浴室の床についた白髪染めの落とし方

浴室の床に白髪染めや毛染めが落ちるとこれも取れにくいです。

 

床面が平らの平面の場合はまだ取りやすいこともあるのですが、表面感があったてでこぼこがる場合は染料が入り込んでしまうので取れにくくなります。
それでも10日くらいまでは比較的に取りやすいです。

 

浴室に付いた毛染め
浴室の床に白髪染め(メンズビゲン)が飛んでしまいました。お風呂用の洗剤を付けて洗っても全く薄くならないです。

 

浴室に付いた毛染め
塩素系漂白剤をかけて15分放置します。

 

浴室に付いた毛染め
15分後に水で塩素系漂白剤を洗い流しました。きれいに取れ・・・・・・・てない!!! 全くです。

 

浴室に付いた毛染め
もう一度塩素系漂白剤をまいて今度は1時間30分置いてみました。

 

浴室に付いた毛染め
水で洗い流して見てみるときれいに取れています。

 

塩素系漂白剤を浸透させる時間を長くとることにより凹凸のある浴室の床も取れることがあります。時間軸が大切になってきます。もし1時間半でト取れないようでしたら2時間に延ばしてみてもよいでしょう。

 

乾燥してしまってはダメなので、換気扇は止めておく方がよいでしょう。

 

ただしこれも毛染めを落としてから10日くらいなので取れるわけで、経過日数が増えると取れなくなります。

自宅で白髪染めするなら汚れがすぐ取れる利尻カラーシャンプーとカラートリートメント

自宅で白髪染めをする場合は、もし汚れがついても簡単に取れるものを使うと家が汚れずに済みます。

 

利尻カラーシャンプーは毎日使うシャンプーなので当然ですが浴室が汚れることはありません。

 

もし浴室についても簡単に取ることができます。(それでも経過日数が長くならないようにご注意ください)

 

利尻カラートリートメントもカラーシャンプーと同じく取れやすいです。

 

■利尻カラーシャンプーの詳細はこちら

 

■利尻カラートリートメントの詳細はこちら