頭皮にやさしい白髪染め

MENU

頭皮に優しい白髪染めの条件とは

皆さんは、市販の白髪染めを使用するときにどのような点を重視されていますか?
簡単に染められることや色持ちが良いことなどが挙げられると思いますが、多くの方は、「頭皮に優しいこと」を重視されていると思います。
では、頭皮に優しい白髪染めの条件とは一体何でしょうか?
今回は、どのような白髪染めが頭皮に優しいのかについて、ご紹介していきたいと思います。

 

【頭皮に優しい白髪染めの条件とは?】
頭皮に優しい白髪染めの条件は、3つあります。

 

@トリートメントタイプの白髪染め
トリートメントタイプの白髪染めは、頭皮を傷めることなく、早い時間で染めることができます。
最近では、シャンプーの後に使用するトリートメントタイプの白髪染めもあります。
こちらも、頭皮を傷める心配がなく、毎日少しずつ染めていくことができます。

 

A頭皮を傷める成分が入っていない白髪染め
市販の白髪染めには、ジアミンや過酸化水素水などといった成分が含まれています。
これらの成分によって、かぶれなどの頭皮トラブルが出ることもあるのです。
なので、このような成分が入っていない白髪染めを選ぶと、頭皮を傷めずに白髪を染めることができます。

 

B天然の成分が使用されている白髪染め
先ほど紹介したトリートメントタイプの白髪染めに多いのですが、天然の成分が使用されている白髪染めは、頭皮を傷める心配がありません。
天然の成分のみだと、色の入りや色持ちが良くありません。
そこで、塩基性染料というものが使用されているのですが、この染料は安全なものなので、頭皮を傷めることはありません。

 

【まとめ】
ここまで、頭皮に優しい白髪染めの条件について見てきました。
頭皮を傷める成分が入っておらず、天然成分が使われているトリートメントタイプの白髪染めが良いことが分かりました。
頭皮を傷めず白髪を染めたいとお考えの方は、これらの条件に注目して白髪染めを選んでみてはいかがでしょうか。

 

市販の白髪染めを使用すると髪を傷める

市販の白髪染めを使用される方も多いと思いますが、白髪染めに含まれている成分をご存知でしょうか?
実は、市販の白髪染めには、頭皮を傷めてしまう成分が配合されているのです。
そこで今回は、市販の白髪染めにはどれくらい頭皮を傷める成分が入っているのか、についてご紹介していきたいと思います。

 

【市販の白髪染めとは?】
市販の白髪染めは、2剤式と呼ばれるものとなっています。
酸化染料やアルカリ剤が含まれている1剤と過酸化水素水が含まれている2剤を混ぜて使用します。

 

[市販の白髪染めの仕組み]
アルカリ剤が過酸化水素水を分解することで、酸素が発生します。
その発生した酸素によって、酸化染料が発色するという仕組みとなっています。

 

【市販の白髪染めに含まれている成分とは?】
市販の白髪染めには、酸化染料やアルカリ剤、過酸化水素水が配合されていることをご紹介しました。
それぞれの成分について、詳しくご説明していきます。

 

[酸化染料]
酸化染料の代表的なものは、「パラフェニレンジアミン」です。
その他、「パラアミノフェノール」や「メタアミノフェノール」などもあります。
このパラフェニレンジアミンには、アレルギーを発症させる危険性があります。
また、発がん性があることも認められています。

 

酸化染料を髪に浸透させるためには、「合成界面活性剤」が必要となります。
合成界面活性剤には、皮膚の皮脂膜を破壊してしまう作用やタンパク質を変質させてしまう作用、溶血作用があります。

 

[アルカリ剤]
アルカリ剤は、酸化染料を髪に浸透させるために、キューティクルをこじ開ける働きをします。
主に、アンモニアなどが使用されます。
アンモニアには、皮膚を溶かしてしまう作用や神経・脳をマヒさせる作用があります。

 

[過酸化水素水]
過酸化水素水は、オキシドールと同じ成分となっています。
発がん性が認められています。
また、白髪の原因にもなっていることが分かっています。

 

【まとめ】
ここまで、市販の白髪染めに配合されている成分について見てきました。
市販の白髪染めに配合されている成分には、悪い作用を引き起こすものもあり、それが頭皮を傷める原因となっていることが分かりました。
頭皮を傷めることなく白髪を染めたい方は、なるべく市販の白髪染めを使わない方法を採ることをおすすめします。